ロゴ

援交女とタダマンした出会い体験談

援交


歯科技工士というのは孤独でかなりの集中力を要する仕事です。そのせいでしょうか。

根を詰めて業務を終えると無性に女性と会いたくなります。ああ、柔らかい女性の肌に包まれたい、納品を終えるたびに、いつもそう思い出会い系にアクセスしてしまうのです。でも、その日は目ぼしい素人女子が見つかりませんでした。


援交の写真


そんなわけで、仕方なく23才の援交さんとアポ取りしてしまったのです。

まず高崎駅で待ち合わせ、近くの和食屋で新鮮なお魚を振る舞い、それからホテルに入りました。仕事柄、私は女性の歯について必要以上に観察してしまう傾向があります。見たところ彼女は下の前歯を治療中でした。でも、あまり腕のよい歯医者の仕事とは思えません。その旨を彼女に伝えると「でも、保険でできるのはここまでだっていわれたから……」彼女は恥ずかしそうに口を押えていいました。

「だったら××歯科に代えたらいい。あそこの先生に事情を説明しておくから、義歯はただで作ってあげるよ」「ほんとに!」彼女はにっこり笑っていいました。このやり取りが利いたのでしょうか。


愛人の画像


そのあと彼女は本当に気持ちのいいおセックスをしてくれました。私は人のお口を扱う仕事をしています。でも、女性の下のお口を観察するのも大好きです。彼女の下のお口はかなり毛深く、でも小陰唇や膣口はとても淡いピンク色でした。形も左右対称で綺麗です。クリトリスはオウムの舌のように尖り、感度がよさそうです。その印象を伝えると、彼女はなぜかすごく喜んで、とてもねっとりとしたフェラをしてくれました。

次の記事はコチラ



女性の書込みが多いサイト

※LINEのIDを交換する事で併用できるサイトです。


>> 管理人の最近のハメ撮り写真(鮮明な画質です)

Copyright © 群馬裏風俗で本番ちんちん All Rights Reserved.